tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

採用情報

眼科医募集

募集要項

常勤

給与 1800万円〜2500 万円
※各種手当を含む概算額です。
勤務時間 月曜〜土曜のうち5日 8:30〜17:30
休日・休暇 日曜、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、特別休暇
診療内容 ・外来診療:4〜10コマ/週 ※1コマは半日です。
・受診者数:20〜30名程度/コマ
・手術  :4〜6コマ/週 ※手術ご希望の場合のみ。
・手術件数:1〜5件/コマ
・勤務イメージ
土※
AM 回診/退院診 手術 外来 外来 手術 外来 休み
PM 外来 手術 外来 手術 外来 外来 休み

※週休2日です。2ヶ月に1回程度土曜日勤務があります。
土曜日勤務の場合は前後週の月〜金のいずれかが代休になります。

各種保険 労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、医師賠償責任保険
福利厚生 ・学会参加を推奨しており補助制度が充実しています。

※発表時は国内外問わず全額補助。但し国外は年2回まで。
参加のみの場合は、次回発表前提ならば全額補助。それ以外も休日利用での参加に限り旅費宿泊費を全額補助。

・医師会及び各種学会の年会費等補助あり。

・その他
車通勤可能、交通費支給、図書室整備、文献検索システムの利用、 職員旅行、各種レクレーション、クラブ活動 など

非常勤

給与 時給10,000 円〜13,000円
勤務時間 月曜〜土曜 8:30〜17:30のうち任意の日数
※週1日、午前のみ等、ご希望をお聞かせください。
診療内容 外来診療
各種保険 労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、医師賠償責任保険
※勤務時間数によっては加入できない場合があります。
その他 常勤医師に準じます。

出田眼科病院のおすすめポイント

①大学病院並みの最新設備とベテランスタッフに囲まれて安心して多くの症例を経験できます

口コミで遠方から受診される方も多くおられます。また、ご紹介も多数頂いており、手術目的での紹介数も増加傾向です。このため症例も豊富で、数多くの手術を経験することができます。さらに、麻酔医が常勤していますので、全身麻酔での手術も可能で、ショック時の対応等も安心です。設備や機器も充実しており、ベテランスタッフも揃っています。大学病院や大規模な総合病院を離れても、第一線の医療を安心して提供し続けることが可能です。

②診療に専念できます

医師でなくてもできる業務は、薬剤師、看護師、視能訓練士、臨床検査技師、事務職員、医局秘書がそれぞれ分担しています。また、電子カルテや音声入力システムも導入していますので、診療に専念することができます。

③向学のための環境が整っています

勤務医師の出身大学は様々で、学閥は一切ありません。フラットな関係の中、医師同士が尊重し合い、切磋琢磨しています。また、図書室の整備や文献検索サービスの利用、毎朝のカンファランス、医局秘書による雑務のサポート、費用も含めた学会活動の補助等、向学のための環境が整っています。

④100年の歴史を持つ熊本県内唯一の眼科専門病院です

地域の皆さまからのご厚意や信頼を感じながら、やりがいのあるお仕事をして頂けると思います。

⑤地方ですが良好な環境でアクセスにも恵まれています

熊本市は人口74万人程の政令指定都市です。熊本・博多間は新幹線で40分程、熊本・羽田間は飛行機で1時間半程です。当院はJR熊本駅、バスセンター(熊本交通センター)、熊本城、市役所等から1キロ圏内にあり、熊本市の中でも利便性のよい地区に立地しています。

診療実績

2017年の実績は以下のとおりです。

外来

年間総数 79,191名(うち紹介3,111名 紹介率4.2%)
一日平均 246名

入院

年間総数 2,113名
平均在院日数 5.8日
病棟稼働率 81.6%

手術実績

観血手術の施行件数は5,600件。主な内容は以下の通り。

白内障 3,434件
緑内障 479件
硝子体 1,216件
眼瞼下垂 94件
斜視 70件
翼状片 84件
涙道 0件

上記の他、網膜光凝固術:830815件、抗VEGF薬硝子体注射1,6932,496件も実施しています。

在籍医師

16名(眼科常勤8名、麻酔科常勤1名、眼科非常勤7名)

眼科常勤医 8名

出身大学 東京大学/東京医科歯科大学/大阪市立大学/久留米大学/大分大学
年齢構成 30代 2名/40代 5名/50代 1名

眼科非常勤医 7名

出身大学 弘前大学/東京女子医科大学/川崎医科大学/徳島大学/福岡大学/熊本大学
年齢構成 30代 1名/40代 3名/50代 1名/60代 1名/70代 1名

スタッフ構成

薬剤師 1名/看護師 24名/准看護師 17名/看護アシスタント・助手 22名 視能訓練士 17名/臨床検査技師 1名/管理栄養士 1名/給食調理 8名/事務 33名/フロア係 2名/レストラン 6名/メガネ、コンタクト 3名/管理 9名
医師含め、計 158名の職員が在籍(2018.4.1 現在)。
※上記のほか、隣接地の分院(呉服町診療所)に、眼科常勤医師 1名、同非常勤医師 2名、看護師 2名、准看護師 8名、 その他スタッフ 18名の計 31名がいます。

主な設備等

主な手術設備

バックル関連 ①眼科用マイクロジアテルミー装置 AU-MD1000 1台(マイラ)
②眼科用冷凍手術ユニット クライオマチック 1台、ACU 22XT 1台(キーラー)
③双眼倒像検眼鏡 IO-α(ナイツ)
硝子体関連 ①アルコン コンステレーション 2台
②ステラリスPC 1台
③ミドラボ エンハンサー 1台
④照明装置 ドルク ブライトスター 1台
⑤照明装置 シナジテック フォトンII 1台
⑥広角観察システム リサイト・ バイオム
⑦眼内レーザー装置 ソリティア(エレックス) 2台
顕微鏡 ①カールツァイス ルメラT+S8(天吊りユニット) 2台
②カールツァイス ビズ160+S7(スタンド型) 1台
③ライカ M844+C40(天吊りユニット) 1台
白内障手術 ①アルコン インフィニティ― 2台
手術台 ①タカラベルモント 眼科用手術台 2台(DR-8700、8600)
②タカラベルモント メプロ 2台
その他 ①無停電装置(オムロン) 各手術台に1台設置
②ダイオードレーザー OcuLight SL×1台
③手術映像録画システム SRS メーカー:Medi Plus
④IOL 管理システム(当院にて開発したシステム)
⑤アコマ 全身麻酔装置 1台
⑥医療ガス中央配管設備(酸素・笑気・窒素)
⑦洗浄滅菌業務は外注委託(日本ステリ 常勤3.5名)

検査対応状況

屈折 ・オートレフ (TOPCON : KR-8900 Nidek : ARK-530A)
・検影法
・ハンディレフ (Nidek : HandyRef-K))
・Spot Vision Screener (Welch Allyn)
視力 ・字詰まり・字ひとつ
・遠見・近見
・絵指標・Dotcard
・縞視力
・Contrast 感度 (CSV-1000)
※ 視力 10 人同時可能。
※ 字ひとつは液晶視力表を使用。
※ 小児に対しての検査は子供検査室を使用する。
調節麻痺 ・サイプレジン
・アトロピン
屈折矯正 ・眼鏡
・コンタクトレンズ
・プリズム眼鏡
※ 遠用、近用、遠近両用、プリズム組み込み、遮光レンズ、屈折矯正 CL、虹彩付き SCL など。
仮性近視訓練 ・ワック (WOC D-4000)
調整力 ・アコモドポリレコーダー (Kowa HS-9G)
斜視 ・遮閉試験
・プリズム遮閉試験 等各種斜視検査
・HESS (TAKAGI : RH-1000)
・シノプトフォア (TAKAGI : MT364)
※ その他眼振に対するビデオ撮影・電気眼振図・眼位写真撮影など。
両眼視機能 ・立体視 (TST・LANGI・II)
・Bagolini 線条試験
・AIT
・BSV (両眼単一視野)
※ 加えて弱視訓練、抑制除去訓練、融像幅増強訓練など。
眼軸 ・IOL マスター (Zeiss : IOL master)
・A mode (TOMEY : AL-3000)
・B mode (TOMEI : UD-1000)
※ 基本的にはIOLマスターを使用。必要時にはAmodeも使用。
角膜 ・スペキュラー (KOKONAN : FA-3709P)
・TMS (TOMEY : TMS-5)
前房内炎症 ・フレアメーター (Kowa : FM-700)
眼圧 ・ノンコンタクトトノメーター (Nidek : NT530 Kowa : KT-800)
・アイケア (ME Technica : iCare)
視野 ・GP (TAKAGI : MT-325UD 2台)
・HFA (Zaiss : Model860&850&745i 各1台 計3台)
・FDT (Zaiss : FDT710)
・黒板視野計
※ 黒板視野計は管状視野測定時に使用。
視神経 中心フリッカー値 (NEITZ : HF-II(手持ち式))
眼底写真 ・OCT (Zeiss : Cirrus5000 2 台)
・眼底カメラ (Kowa : VX-10i 2 台)
・広角眼底カメラ (OptosCalifornia)
※ 眼底カメラは 2 部屋に分けて設置し、1 台は造影検査メインで使用。
網膜血管造影 ・FAG・ICG・FAF
※ 造影検査は眼底カメラ、Optos で撮影可能。FAF は Optos で撮影可能。
電気生理 ・網膜電図 (ERG) (FullFiled , OP , Flicker , Photopic , Scotopic)
・多局所網膜電図 (Veris) (メイヨーVJ-20)
・視覚誘発電位 (flashVEP&pattern-VEP)
・網膜電位図 (EOG)
・電気眼振図 (ENG)
※ ERG、VEP、EOG は日本光電 NeuropackμMEB-9102 を使用。
※ EOG はガンツフェルド刺激装置使用。
色覚検査F ・石原式38表F
・東京医大式F
・パネル D15F
・アノマロスコープ(NEITZ OT-II)
ロービジョンケアF ・ロービジョンエイド処方 F
※ 矯正眼鏡、遮光眼鏡、拡大鏡、拡大読書器、プリズム、単眼鏡など。
・書類作成補助
※ 手帳申請、補装具申請、障害年金申請など。
・助言・環境調整 F
ルーペ指導、音声パソコン、拡大読書器の指導情報提供、視野の説明、その他便利グッズ紹介など。
・連携
※ 盲学校、ライトハウス、ジョブコーチ、タートルなど。
・視覚リハビリ F
白杖歩行訓練、視野の説明、追視練習、便利グッズ紹介、自立支援法、介護保険の活用、歩行介助の仕方、触覚の利用など。

病院概要

所在地 〒860-0027 熊本市中央区西唐人町 39
ウェブサイト http://www.ideta.or.jp
開設者 医療法人 出田会
創立 1917年
病床 一般病床 32 床
標榜診療科 眼科 麻酔科
認定 日本医療機能評価機構認定病院、日本眼科学会専門医制度研修施設
指定 臨床修練指定病院、公害医療機関、原子爆弾被爆者一般疾病医療、 難病医療費助成制度、小児慢性特定疾病、自立支援(更生医療)、 自立支援(育成医療)、労災保険、身体障害者福祉、生活保護
施設基準 地域一般入院基本料 2、看護補助加算 2、感染防止対策加算、 療養環境加算、ロービジョン検査判断料、コンタクトレンズ検査料 I、 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの))、 網膜付着組織を含む硝子体切除術(眼内内視鏡を用いるもの)、 網膜再建術、医科点数表第 2 章第 10 部手術の通則 5 及び 6 に掲げる手 術、麻酔管理料( I )、入院時食事療養( I )

関連情報

医学生および研修医向け奨学金制度

当院に眼科医として勤務する意思のある方を対象にした奨学金制度を設けています。

お問い合わせ・ご相談

  • tel.096-325-5222

mail.info@ideta.or.jp

採用担当: 事務長 高本 昌彦

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構