義眼外来

当院では月に1回、義眼外来を実施しています。
カウンセリングは無料です。また、お申し出がない限り交換をお勧めすることはありませんのでご安心ください。
少しでも何かご不安をお持ちでしたらお気軽にご相談ください。


対象

  • 病気や事故で眼球摘出手術や眼球内容除去手術を受けられた方
  • 先天性小眼球症、無眼球症の方
  • 病気や事故で失明し、眼球の大きさはあまり変化していないが角膜の白濁が気になる方
  • 現在の義眼との交換をご検討中の方

※特に下記のような症状のある方は、感染症や手術後の結膜に問題が生じている恐れがありますので、受診をお勧めします。

  • 痛みがある
  • 目脂が多い
  • 表面の乾燥が強い
  • 瞼が下がってきた・上瞼の窪みが深くなった
  • 鏡を見たとき視線が合っていない、黒目の位置が気になる
  • 黒目がずれやすい、義眼が外れやすい

その他

  • 5年以上義眼のケアを行っていない
  • 自分で着脱が出来ない
  • 介護の現場で義眼のケア方法がわからない

義眼について

作成される義眼は、個人に合わせたオリジナルです。既成の義眼を加工するものではありません。お一人おひとりの義眼床を観察し、テーラーメイドで作成されます。白目の色や虹彩サイズは健側眼に合わせ、形状は手術後の結膜嚢の状態を観察し長年の経験を元にデザインされます。また、色・形とも完成後であっても修正することができます(完成処方後6ヶ月以内)。
※既成義眼の取り扱いはございません。

眼窩部エピテーゼについて

眼窩部エピテーゼとは、病気や事故により生じた眼瞼及び眼球の欠損を補綴する人工物のことです。素材は軟性シリコーンで、薄く成型することで条件により表情の再現が期待できます。事前に十分なカウンセリングをお受け頂く必要があります。サンプルや動画をご用意致しますので、ご興味をお持ちの患者様また、お身内に必要性を感じられる方はご相談ください。

エピテーゼ

費用について

【一般の方】

義眼は補装具に指定されていますので、各種保険(社会保険・国民保険等)で作製費用の一部について補助を受けることが出来ます。

【公的扶助の対象とされる方】

福祉の手帳(視覚障害要認定)をお持ちの方、労災認定を受けておられる方、生活保護を受給されておられる方。
各々該当窓口にて事前申請の上、承認後作成・・・・原則無料
※作成される義眼は一般の方と同等です。

注意事項

他所で作成された義眼、また当院を通じて作成された義眼であっても作成後5年を過ぎたものにつきましては、製造物に対する責任の関係上、研磨も含め修正・調整は行えません。
あらかじめご了承願います。

製造責任:アツザワプロテーゼ九州 
事前説明をご希望の際は下記までご連絡ください。
info@art-eye.jp

当院では、義眼を入れるための義眼床形成術や、長年の義眼装用で変形した眼瞼の修整手術にも対応しています。

文字サイズ
コントラスト