呉服町診療所 > 院長挨拶

院長:写真

院長 出田 真二 Shinji Ideta


経歴学術論文

 医療法人出田会・呉服町診療所は、19床の入院施設を有する眼科診療所です。眼科一般診療に加え、専門として眼瞼や結膜、涙道などの外眼部疾患にも対応しております。
 これまでは外来診療が中心でしたが、手術治療も開始致しました。多くの場合は日帰り手術です。対象疾患は眼瞼下垂や逆まつげ、できもの等のまぶたの疾患と、涙目の治療である涙道内視鏡治療等になります。また、ご希望に応じて入院も可能ですので、手術翌日の受診が困難な方や遠方の方も、ご安心下さい。

 呉服町診療所は医療法人出田会の一施設として、平成20年に開設されました。地域に根ざした眼科診療として、近隣の方々に気軽に受診して頂けるクリニックを目指しています。高度な手術を要する場合には、隣接する出田眼科病院に速やかに受診できるようにし、術後の病状が安定している方の経過観察を当院で行う等、連携を取っています。

 平成28年に起きた熊本地震は、様々な意味で忘れられないものとなりました。一時的に診療の中断を余儀なくされましたが、混沌とした状況下だからこそ基本に戻り、《医療体制の維持と地域の方々への貢献》という一つの目標に向かい、従業員が一丸となって再出発したことを思い出します。同じ方向へ向かう強くて温かな力を忘れずに、今後も医療に活かしていきたいと思います。

 また、平成30年に出田会は創設100周年を迎えます。出田会の理念である「誠の心 をもって「患者さんの立場になり、耳を傾け、適切な医療を提供する」ことを実践してきたからこそ、100年の歴史があるのだと思います。この歴史を築き上げてきた先代、多くの医師、従業員の方々の力に深く感謝しております。そして今後もその心を受け継ぎ、つないでいくことが自分の使命だと考えます。
 至らぬ点もあるかと思いますが、精進して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

平成29年9月1日
呉服町診療所 院長

出田真二

ロゴマークについて

ロゴマークについて

幸運の四葉のクローバーと、出田の“i”をモチーフにデザインしました。出田眼科病院のロゴマークと同じ配色です。赤は「愛」、白は「誠実」をイメージしています。

医療法人出田会 呉服町診療所
〒860-0035
熊本市中央区呉服町1-21
文字サイズ

外来受付 月曜日〜金曜日
8:00〜12:00、13:30〜17:00
休診日 土、日、祝日

診療予約受付中

ページの先頭へ戻る