誠の心
医療法人 出田会について

医療法人出田会は1917年(大正6年)に出田保雄が開設した眼科出田病院(現・出田眼科病院)を母体としています。

1980年(昭和55年)、出田眼科病院二代目院長の出田邦夫が、初代理事長に就任しました。邦夫は帰還後は初代と共に診療を続け、その間長男が四歳で早世する不幸に遭いました。第二次世界大戦では中支に出征しました。1966年(昭和41年)から20年間、熊本県医師会の会長も務め、診療を通しての地域貢献と医療環境改善のために尽力しました。

1990年(平成2年)の実父邦夫の逝去に伴い、出田節子が理事長を継ぎ、経営管理を担当しました。三代目院長の出田秀尚の専門分野である網膜硝子体疾患の治療を中心として、医療の充実に努め、現在に至っています。糖尿病網膜症や緑内障等の専門分野以外の疾患には、各地からの素晴らしい専門医の協力を仰ぎ、患者さん共々本院のスタッフも助けられています。2009年(平成21年)から長男出田隆一が四代目院長を務めていましたが、次男出田真二が2年間の呉服町診療所院長を経て2019年4月から出田眼科病院の院長に就任しました。五代目院長は眼瞼、涙道等の外眼部疾患の治療を中心に、地域に根ざした眼科診療に努めています。この分野を専門とする眼科医は少なく、本院ならではの手術を施行してくれるものと心強く思っています。網膜硝子体専門の副院長川崎医師に加え、手術に卓越した技量を持つ矢部医師が副院長として加わり、眼の総合病院として充実してまいりました。呉服町診療所には、経験豊かな石橋院長が就任し、様々な疾患に対応しています。

出田会理念「誠の心」は、初代院長保雄から受け継がれている信条です。出田眼科病院、呉服町診療所、そして出田会の全面的支援を受けて創立した社会福祉法人鳳鳴会・鳳鳴保育園(2016年4月開園)の運営の基本として生かされています。これからも一筋の道を歩み続けて行く所存です。今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

理事長 出田節子

関連施設紹介

鳳鳴保育園

社会福祉法人鳳鳴会鳳鳴保育園

出田眼科病院

医療法人出田会出田眼科病院

呉服町診療所

医療法人出田会呉服町診療所