tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

患者のみなさまへ

ロービジョンケア

見えないから出来ないと諦めていませんか?目が見えにくい状態になっても出来ることはたくさんあります。当院では、医師・看護師・視能訓練士・歩行訓練士が連携し、目が見えにくいことでお困りの方やそのご家族の生活に寄り添うケアや情報提供を実施しています。

ロービジョンケアとは

医学は進歩していますが、それでも尚、治しきれない病気もあります。そのような眼の病気によって、日常生活に不自由をきたすほど、矯正視力(眼鏡をかけての視力)や視野(見える範囲)が低下してしまう場合があります。このような状態をロービジョンといいます。
ロービジョンの対象となる方々の視力や視野を有効に活かし、生活の質を高めるための支援を行うことをロービジョンケアといいます。

当院で受けられるロービジョンケア

当院では予約制で、以下のような内容のロービジョンケアを行っています。


読み書きのサポート
拡大鏡(ルーペ)、遮光眼鏡、拡大読書器等の視覚補助具の選定や使用練習
安全な移動のサポート
それぞれの患者さんに合った白杖選びや基本的な使い方の練習
コミュニケーション方法のサポート
パソコンや携帯電話等の使用練習(画面読み上げ、画面の拡大や表示方法の変更)
各種相談や情報提供
福祉サービスの紹介や利用支援
日常生活や教育・就労継続相談
生活に役立つ便利グッズの紹介
ロービジョン教室(年6回)のご案内 など

ロービジョンケアまでの流れ

1

眼の検査
1階で屈折検査、眼圧検査、視力検査を受けていただきます。

2

医師による診察
2階診察室で医師による診察を行い、ロービジョンケアの要否を判断します。

3

ロービジョンケアの予約
医師による診察終了後、検査員により医師の指示内容に基づきロービジョンケアの説明が行われ、
ロービジョンケアの予約を取ります。

4

ロービジョンケアの開始
検査員が日常生活についてお話を伺い、現在の課題を整理します。
その後、患者様のご希望に沿ってケアを実施します。時間は1時間~1時間半程かかります。予めご了承下さい。

当院にある主なロービジョンケアグッズ

当院に置いてある視覚補助具をご紹介します。

単眼鏡
いわゆる小さい望遠鏡です。黒板の文字や駅の時刻表の確認など、少し離れた所を見るときに便利です。
拡大鏡(ルーペ)
用途に応じて様々な種類があります。倍率の低いものから高いものまであります。
遮光眼鏡
眩しさの原因となる青色の光のみをカットします。明るさを保ちつつ、眩しさを軽減することができます。
拡大読書器
新聞や雑誌などの文字をカメラで読み取り、テレビやパソコンの画面に拡大表示します。

その他、生活に役立つ便利グッズも用意しております。ご希望の場合は病院スタッフへお気軽にご相談下さい。

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構