tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

当院では年に4回、広報誌「スマイル」を発行しています。目の病気に関する特集や、出田眼科病院からのお知らせなど、情報満載でお届けいたします。PDF形式のデータで掲載しておりますので、お使いのパソコンにAdobe Reader(R)がインストールされていない場合は、こちらから無料ダウンロード・インストールを行ってください。

Vol.682014年10月号

ジェネリックへの取り組み

表紙
気温の寒暖が植物をより一層、鮮やかに変えますね。
ジェネリックへの取り組み
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、 先発医薬品と同じ効き目や品質で低価格なお薬です。
第5回ロービジョン教室のご案内
視機能低下のため、日常生活に不自由を感じている方を対象とした講習会を 全6回開催しています。
インフォメーション
9/27くまもと県民交流館パレアにて開催された「熊本市市民健康フェスティバル」の眼科コーナーにて髙山医師が健康相談を行いました。

Vol.672014年07月号

目薬を正しく使う

表紙
暑い夏、自然の涼を感じに出かけてみませんか。
目薬を正しく使う
目薬は直接目に使用する薬です。 使用方法について、よくあるご質問にお答えします。
病院機能評価事業の認定を更新しました
医療を提供するための活動(機能)に対する評価で、 今年4回目の認定を受けました。
ロービジョンの方とバスツアーを開催しました。
4/20に”自然に触れる度”と称し、樹齢400年の杉や水に触れる日帰りツアーを開催しました。

Vol.662014年04月号

コンタクトレンズを眼科でつくる理由

表紙
色とりどりのお花は春の訪れを知らせてくれますね。
コンタクトレンズを眼科でつくる理由
レンズの使用方法の問題やCL自体の問題により眼障害が急増しています。 自覚症状が無くても障害が起こっているケースもあります。
駐車場を含めた全敷地内が禁煙です
病気を直す場所である病院は健康を害する喫煙を禁止すべきと考えました。 眼の治癒だけでなく、健康な生活を願っています。
ロービジョン教室でスマートフォン操作
3/15に「音声パソコンとタブレット、スマートフォン」をテーマに行ったロービジョン教室ではipadを用いてタッチパネルの活用法を学びました。

Vol.652014年01月号

”緑内障”を正しく知る

表紙
凍える原野にふり注ぐ明るい光はいいですね。
”緑内障”を正しく知る
緑内障は視野が欠け、失明に至る可能性のある病気です。 日本人では40歳以上の20人に1人が緑内障になっています。
緑内障の検査・治療について
検査は眼圧、眼底、視野の検査を行い異常がないか確認をします。 治療では点眼、レーザー、手術の治療方法があります。
インフォメーション
患者友の会こもれび秋の集いが開催されました。

バックナンバー

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構