tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

当院では年に4回、広報誌「スマイル」を発行しています。目の病気に関する特集や、出田眼科病院からのお知らせなど、情報満載でお届けいたします。PDF形式のデータで掲載しておりますので、お使いのパソコンにAdobe Reader(R)がインストールされていない場合は、こちらから無料ダウンロード・インストールを行ってください。

Vol.642013年10月号

飛蚊症という”サイン”

表紙
実りの秋、旬の食べ物は栄養も満点。
飛蚊症という”サイン”
黒い点や虫のようなものが見える現象です。 原因には生理的なものと治療を必要とする病的なものがあります。
ロービジョン教室を開催します
生活に不自由をきたすほどの視力や視野が低下している状態をロービジョンといいます。 生活支援の為の講習会を開催します。
インフォメーション
9月29日ロービジョンの方々を対象とした日帰りバスツアーを開催しました。

Vol.632013年07月号

子どもの目について考える

表紙
暑い夏は、水分をとって熱中症に気をつけましょう。
子どもの目について考える
小学校低学年での近視発症が増えています。 近視が進んだ時、どうしたらよいのか案内しています。
子どもが斜視・弱視と言われたら
斜視・弱視とはどんな病気でしょうか。 本人からの訴えも少ない為、3歳児検診等で指摘されたら早めの受診を。
インフォメーション
呉服町診療所の花壇がコンテストで『アルモンデ会長賞』を受賞しました。

Vol.622013年04月号

ドライアイの疑問

表紙
新しい命が誕生する時は希望に満ち溢れますね。
ドライアイの疑問
涙の分泌量や質の低下により眼の表面を潤す力が低下した状態です。 どんない人に起こりやすいのか、検査方法は?治療は?という疑問がわかります。
呉服町診療所の外来について
出田眼科病院に隣接しており、手術後症状が安定した患者さんや 症状の軽い患者さんを中心に診察していますので待ち時間も短くて済みます。
インフォメーション
2/2行われた「緑内障眼底読影勉強会?」で今野信介医師が講演を行い 出田隆一院長が座長を務めました。

Vol.612013年01月号

眼底検査で分かること

表紙
厳しい寒さの中でも氷にさす光に希望を信じたいですね。
眼底検査で分かること
眼底は血管の状態を直接観察できる数少ない場所です。 網膜剥離や糖尿病網膜症等の眼科的疾患の他、 高血圧や動脈硬化等の全身の病気を発見することもできます。
ロービジョン教室”日帰りバスレポート”
12/1に阿蘇で蕎麦打ち体験や白杖を使い方を体験し、 熊本県点字図書館で音声図書の借り方の説明を受けました。
インフォメーション
出田秀尚名誉院長が永年学校医として携わったとして 平成24年の学校保健功労表彰を受けました。

バックナンバー

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構