tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

当院では年に4回、広報誌「スマイル」を発行しています。目の病気に関する特集や、出田眼科病院からのお知らせなど、情報満載でお届けいたします。PDF形式のデータで掲載しておりますので、お使いのパソコンにAdobe Reader(R)がインストールされていない場合は、こちらから無料ダウンロード・インストールを行ってください。

Vol.482009年10月号

ご存知ですか?黄斑円孔

表紙
表紙は、季節を感じて頂けるようなものにしています。 落ち葉の舞う頃。今年も残りわずかですね。
ご存知ですか?黄斑円孔
後部硝子体剥離が起きる時に、スムーズに剥がれず穴が空いてしまう事があります。
待ち時間にご利用ください
待ち時間をゆっくりお過ごし頂けるよう沢山のスペースがあります。 是非、ご利用下さい。
インフォメーション
NGO「フューチャーキッズ・プロジェクト」へ募金を行ないました。 ホームページをリンクしていますので、興味がある方はご覧下さい。

Vol.472009年07月号

ご存知ですか? 加齢黄斑変性の新療法について

表紙
表紙は、季節を感じて頂けるようなものにしています。 暑い夏の日に飲む冷たい水は、活力を蘇らせてくれますよね。
ご存知ですか? 加齢黄斑変性の新療法について
高齢者の失明原因の一つで、網膜の中心にある黄斑が異常を来たし視力が低下する病気ですが、1ヶ月おきにルセンティスを注射する事で、視力を維持しています。
新しい医師のご紹介
井上医師、永里医師が4月より当院で診察を開始しております。
インフォメーション
院内案内「ふれあい」が3年ぶりに新しくなりました。ご希望の方は職員までお申し付け下さい。

Vol.462009年04月号

ご存知ですか? 新院長就任について

表紙
表紙は、季節を感じて頂けるようなものにしています。 草木が芽吹き新緑が眩しいこの季節には、新しい事が始まるワクワク感がありますね。
ご存知ですか? 新院長就任について
4月より副院長として診察していました出田隆一が院長に就任し、出田秀尚は名誉院長として新体制がスタートしました。
敷地内禁煙について
駐車場を含む敷地内が禁煙となりました。ご協力をお願い致します。
インフォメーション
3月20日新院長の就任披露を兼ねて感謝の会を開催しました。

Vol.452009年01月号

ご存知ですか? 涙道閉塞について

表紙
表紙は、五福公民館で実用書道講座の講師を務められている里見先生の作品です。毎月第1・3水曜が受講日です。 未経験者でも気軽に始められる講座ですので、興味がある方は参加してみては如何でしょうか。
ご存知ですか? 涙道閉塞について
まぶたの内側にある鼻の奥につながる涙の出口が詰まって涙目になる症状です。 手術で治る場合があります。
院長アメリカアカデミー眼科学会に出席
この学会の参加目的は医師の倫理について学ぶ事でした。今後、日本眼科医会役員の一員としても取り組んでいきたいと考えてます。
インフォメーション
11月28日職員を中心としたコーラスグループ”ナイチンゲール”により院内コンサートを開催しました。

バックナンバー

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構