tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

広報誌「スマイル」

当院では年に4回、広報誌「スマイル」を発行しています。目の病気に関する特集や、出田眼科病院からのお知らせなど、情報満載でお届けいたします。PDF形式のデータで掲載しておりますので、お使いのパソコンにAdobe Reader(R)がインストールされていない場合は、こちらから無料ダウンロード・インストールを行ってください。

Vol.242003年09月号

ご存知ですか? 白内障

表紙
表紙の絵は道西節子さんの「秋のピエロ」という絵です。 和紙をうまく使っている秋らしい雰囲気の絵ですね… あなたに会えた喜び。そして思い出を表現したそうです。
ご存知ですか? 白内障
白内障はレンズの働きをする水晶体が濁って見えにくくなる病気です。 主に加齢によるものが多く、老人性白内障と呼ばれています。
手術から退院の生活サポート 白内障手術を例にして
手術が決ったら退院までの予定はケアプランを使ってしっかりした説明を行ないサポートしています。
インフォメーション
8月にはナイチンゲールズによる院内コンサート、また、ドクターによる網膜硝子体講習会を開催し多くの方に当院を訪問して頂きました。

Vol.232003年07月号

診療体制の変更について 平日と同じ診療に!

表紙
表紙の絵は深水洋子さんの「笑顔」という絵です。 趣味の教室でステキな笑顔の女性を見かけ自分も美しく歳をとりたいと鏡を見たそうです。
診療体制の変更について 平日と同じ診療に!
7月より土曜日が平日と同じ常勤医師による診療体制になりました。
インフォメーション
玄関脇の花壇はかわいい花が出迎える頃、6名の職員が新しい仲間となりました。 当院は保険料振込団体の組成に対し日本郵政公社より表彰を頂きました。

Vol.222003年04月号

ご存知ですか? 弱視とは?

表紙
表紙の絵は上田泰子さんの「ファーム」という絵です。 五福公民館の水彩画クラブで勉強されており、この絵ののどかな牧場の風景がとっても気に入っているそうです。
ご存知ですか? 弱視とは?
幼児期に物を見る機能が育たず、目に病識がないのに、思うように視力が出ない状態です。
出田眼科での治療法 弱視の治療法
眼鏡を使った調整が一般的ですが、アイパッチなどを使った視力増強訓練も行っています。
インフォメーション
角膜提供を待たずに行える角膜移植手術についてご紹介しています。 また、パレリアへの寄付に際し県より感謝状を頂きました。

Vol.212003年01月号

ご存知ですか? 加齢黄斑変性症とは

表紙
紙の絵は白水横のオービスギャラリーに展示している作品のひとつです。 こちらでは、患者様や地域の方の展示場として開放しております。 来院の際には、是非ご覧下さい。
ご存知ですか? 加齢黄斑変性症とは
高齢者の失明原因の疾患のひとつです。
出田眼科での治療法 加齢黄斑変性症の治療法
蛍光眼底検査やOCTスキャナで目の奥を観察し状態に応じた治療を行います。
インフォメーション
ナイチンゲールズの10回記念コンサートの様子や表紙の絵の解説もあります。

バックナンバー

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構