tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

当院について

主な検査機器

視力測定装置

通常、遠見視力(遠くのものを見る時の視力)は5m、近見視力(近くのものを見る時の視力)は30cmの距離で測定します。乳幼児でもPL法や、絵のついたカードなどを使用した方法で視力検査が可能です。

視力測定装置
視力測定装置

(乳幼児用検査)

眼圧測定装置

眼の硬さ(圧力)を調べる検査です。眼の表面に空気を当てて測定します。緑内障など眼圧が高くなる病気を見つける事ができます。この他に直接機器を眼の表面に当てて測定する方法もあります。

眼圧測定装置

コントラスト感度テスター

縞模様を判別できるかどうかで視機能の評価をする検査です。日常生活や通常の視力検査ではわからない視力低下の原因の検索を行う事ができます。

コントラスト感度テスター

屈折検査装置

遠視、近視、乱視の程度と角膜の形状を他覚的に測定します。器械に顎をのせることが困難な場合、手持ちのオートレフラクトメータやレチノスコープを用いた検影法を行ないます。

屈折検査装置

(検影法)

オートレフラクトメータ

(オートレフラクトメータ)

スポットビジョンスクリーナー

(スポットビジョンスクリーナー)

手持ちオートレフラクトメータ

(手持ちオートレフラクトメータ)

調節検査

眼精疲労やピントを合わせる調節機能に障害がないかを評価します。

調節検査

眼位検査

「眼の位置」をみる検査です。左右の眼の位置がずれていないか(斜視の具合)、方向や角度をプリズムバーを用いて測定します。

眼位検査

立体視検査

平面に描かれた模様等を眼鏡や裸眼で立体的に見えるかを測定します。2、3歳から検査ができるようになります。

立体視検査

ヘスチャート

斜視や眼を動かす筋肉の麻痺などが原因で眼のずれがある場合、眼位異常のパターンや筋肉の動きの状態を知ることができます。

ヘスチャート
ヘスチャート

(外転神経麻痺)

シノプトフォア

両眼視機能、眼位と眼球運動など、斜視の診断を目的として行う検査です。この他に治療を目的とした視能矯正訓練にも用いられます。

シノプトフォア
シノプトフォア

色覚検査

色覚異常の有無とその種類や程度を判定します。石原式、大熊式、東京医大式、パネルD-15などの検査表を用いて行います。

色覚検査
色覚検査

(アノマロスコープ)

視野測定装置

視覚異常の有無、疾患の診断、視野障害の程度または経過観察のために行います。視野検査には、ハンフリーによる静的視野計とゴールドマンによる動的視野検査があります。

視野測定装置
視野測定装置
視野測定装置

(動的視野検査結果)

角膜形状解析装置(TMS-5)

角膜に25本のリングを投影して角膜前面形状解析を行う従来の機能に加え、光を回転照射させて前眼部断面画像(シャインプルーク画像)を撮影することが出来る最先端の器機です。豊富な解析プログラムで角膜乱視の定量化や、円錐角膜のスクリーニングなどに役立ちます。また、LASIK術後における白内障手術でのIOL度数決定に有用な、光線追跡法によるIOLパワー計算(OKULIX)が行えます。

角膜形状解析装置
角膜形状解析装置
角膜形状解析装置

スペキュラーマイクロスコープ

角膜内皮細胞の数、形状、大きさについて観察を行う検査です。内皮細胞が減少すると角膜に障害がおきます。白内障の手術前後、コンタクトレンズ装用の場合などに検査を行います。

スペキュラーマイクロスコープ

レーザーフレアセルメーター

レーザー光を使って、眼内の炎症の有無とその程度を測定します。手術前後の炎症の変化やぶどう膜炎などの場合に検査を行います。

レーザーフレアセルメーター

眼底カメラ

網膜のカラー写真や造影検査の写真を撮影します。眼底カメラと診察室はコンピュータで繋がっており、撮影した写真はすぐに診察室で患者さんと一緒にみることができます。

眼底カメラ
眼底カメラ

蛍光眼底造影検査

インドシアニングリーンという造影剤を使い脈絡膜の検査を、フルオレセインという造影剤を使い網膜の検査を行います。いずれも眼底カメラを用いた検査で、様々な網膜疾患の診断や治療の効果をみるのに役立ちます。

蛍光眼底造影検査
蛍光眼底造影検査

電気生理学的検査

人体には電気が流れています。眼の中もそうです。
ERG…眼に光をあて、その時に起こる網膜の電気の変化をみる検査です。網膜のどの部分の細胞がどのように機能しているかが分かります。
EOG…眼球の動きや網膜の動きを調べる検査です。周りが明るい時と暗い時に眼を動かし、その時起こる電気の変化をみます。網膜色素上皮の異常を調べるのに用いられます。
VEP…脳波の検査です。眼から入った情報がきちんと脳に伝達されているかどうかを調べる事で、視力低下の原因を調べることができます。

電気生理学的検査

多局所ERG(ベリス)

眼の奥にある網膜に刺激をあて、その時に起こる網膜の電気変化をみる検査です。網膜のどの部分の細胞がどのように機能しているかが分かります。従来のERG(網膜電図)ではわかりにくかった黄斑部の詳細な網膜機能を知ることができます。

多局所ERG

眼軸長測定装置

超音波Aモード…眼球の長さ(奥行き)を測る検査です。白内障の手術で濁った水晶体と入れ替える人工水晶体の度数を決めるのに重要な検査です。

眼軸長測定装置

IOLマスター700…眼軸長(眼球の奥行き)を測定する機器で、白内障手術時に挿入する眼内レンズの度数を決めるのに使います。測定時、眼に接触しないため患者負担も少なくなります。眼底の状態も同時に撮影し、視線のズレを観察しながら計測するため、測定精度が向上します。

眼軸長測定装置

超音波画像診断装置

眼に超音波を当てて、眼球内部を全体的にみる検査です。白内障が強い、眼の中が濁っている等何らかの理由で眼底検査ができない場合でも眼球内に異常がないかを診断することができます。

超音波画像診断装置

光干渉断層計

シラスOCT…眼底の断層画像を撮影する検査です。眼底検査では平面的にしか見る事ができませんが、断層画像を撮ることによって、眼底の状態を立体的に捉えることができ、病気の程度を詳しく知ることができます。
OCTangio(光干渉断層血管撮影)…血管内を流れる赤血球の動きから、血管の狭まり等の血管形態を画像化する装置です。患者負担も少なく検査も簡便で、短時間で血管の様子を可視化することができます。

シラスOCT
シラスOCT

超広角走査レーザー検眼鏡(Optos California)

眼底の広い範囲を撮影することができる広角眼底カメラです。従来の検査機器では撮影困難な眼底周辺部の病変も捉えることが可能です。

レーザー検眼鏡

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構