tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

目の病気について

緑内障(りょくないしょう)

緑内障は、眼球内の圧力(眼圧)が高くなり、視神経が圧迫され傷つくことで視野が欠けていく病気です。
眼圧は、前房という部分を満たしている液体(房水)の”作られる量”と”出ていく量”のバランスで維持されています。しかし何らかの原因で房水の出ていく量が少なくなると、前房に房水が溜まり眼圧が高くなるのです。

また緑内障の中には「正常眼圧緑内障」と言われるものがあり、眼圧が高くなくても緑内障である場合があります。これは、人によって視神経が耐えられる眼圧の高さが異なるためです。

緑内障とは

緑内障の症状

最も一般的な症状として、視野の一部が欠けて見えるなどの異常が挙げられます。
しかし、10年〜20年といった長い時間をかけて徐々に周辺部の視野から欠けていく場合がほとんどで、初期には視力低下などの自覚症状がないため、自覚したときにはかなり進行している場合が多いようです。
糖尿病に次いで、中途失明の原因疾患となっています。

緑内障の症状

緑内障の検査

緑内障を早く発見するには、眼圧だけでなく、眼底と視野の検査を受けることが重要です。

眼圧検査

正常眼圧は10〜20mmhgです。眼圧が高くても緑内障にならないケースもありますが、21mmhg以上になると緑内障を起こす危険性が高くなると言えます。但し、最近は眼圧が正常でも緑内障になる正常眼圧緑内障が7割程度を占めてきています。

眼底検査

眼底カメラや顕微鏡で瞳孔から眼球の奥を観察し、視神経に異常がないか詳しく調べます。

視野検査

視野計測器を使って、見える範囲(視野)を測ります。
症状に応じて、数種類の計測器を使い分けます。

緑内障の症状

緑内障の治療

一度障害された視神経は元には戻りません。
しかし、眼圧を下げ、適切な治療を受ければ病気の進行を抑えることができます。

薬剤治療

炎症や菌を抑えるため、点眼薬や内服薬で様子をみます。

薬剤治療

レーザー治療

点眼で効果がみられない場合、レーザーによる治療を行う場合があります。房水の出口にある”繊維柱帯”という部分にレーザーを当てて、房水が目の外に出やすくします。

手術治療

点眼やレーザー治療で効果がみられない場合、手術を行う場合があります。
手術、房水の出口を切開する方法と、目の外から穴をあけて房水を出す方法があります。

関連する記事

目の病気について一覧

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構