tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

目の病気について

眼瞼下垂(がんけんかすい)

まぶたは、上下するための筋肉(眼瞼挙筋:がんけんきょきん)の動きが、腱膜(けんまく)を介して瞼板(けんばん)に伝えられることで開閉しています。
眼瞼下垂とは、加齢や目のこすり過ぎなどのため腱膜が外れたり、伸びたりしてまぶたが下がった状態です。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂の症状

まぶたが下がってしまうと視野(見える範囲)が狭くなります。また、無意識におでこの筋肉(前頭筋)を使ってまぶたを上げようとするため、おでこのシワが増え、まゆ毛が挙上した状態になります。その他、肩こりや頭痛の原因になっていることもあるようです。

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術では、伸びたり、瞼板から外れたりしている眼瞼挙筋の腱膜を、もとの位置に縫い合わせる手術です。
皮膚のたるみが多い場合には、同時に皮膚の一部を切除することもあります。
あくまでも、まぶたを上げることにより視野を広くすることが目的の手術です。非常に細かいデザインを気にされる方は、美容整形外科での手術をお勧めいたします。

  • 手術時間は片側で30分、両側で1時間程度です。
  • 入院をお勧めしていますが日帰りでも可能です。ただし眼帯をしていただくため車などの運転はできません。
  • 術後当日は、うつむき姿勢、飲酒、入浴、笑うこと(顔面が赤くなるようなこと)を控えて、安静にしてください。
    また術後から翌朝までは、保冷剤で患部を冷やしてください。
  • 傷口をこすったりひっぱったりしなければ、翌日から洗髪、洗顔しても構いません。
    患部はシャワーで洗ってください。
  • 術後は、腫れや内出血が生じます。完全に消退するのに1ヶ月程かかる場合もあります。
  • 多くの方は、無意識におでこに力を入れてまぶたを持ち上げておられますが、術後はその必要がなくなるため、まゆ毛周辺が全体的に下がります。
  • ほとんどの場合は一度の手術で良好な結果が得られますが、まぶたの上がり具合が不足していたり、左右で差がある場合などは再手術を要することがあります。

関連する記事

目の病気について一覧

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構