tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

目の病気について

黄斑上膜(おうはんじょうまく)

黄斑とは眼底の網膜にある最も大切な中心の部分です。
黄斑上膜は、硝子体の年齢の変化で黄斑の上に膜がはる病気で、中心部に膜がはるとその膜が収縮するので、黄斑に"しわ"がよります。そのため、ものを見ようとする中心が見えにくくなり、歪んで見えてしまいます。

黄斑上膜とは

黄斑上膜の治療

黄斑上膜の治療は、程度が軽く、視力低下やゆがみが強くない場合は経過観察となります。
視力が低下したり、歪みが強い場合は手術で膜をとります。

黄斑上膜の手術

黄斑上膜の手術は、顕微鏡で眼内の状態を観察しながら膜様組織を取り除きます。
しかし、黄斑上膜はすべて治療しなくてはいけないものではありません。程度によっては治療の必要がないので、視力障害や変視症の程度、発症してからの期間など、さまざまな条件を考慮し、治療すべきかどうかを決めます。また、失明に至るという病気でもないため、患者さんが望まなければ無理に手術を行わないこともあります。

関連する記事

目の病気について一覧

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構