tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

目の病気について

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

糖尿病網膜症は、網膜に出血や浮腫、血管の増殖をおこす病気です。糖尿病と診断されてから5年も経つ頃には、その患者さんの半数近くに網膜異常が起こっているものと考えられます。
糖尿病は血液中のブドウ糖の量が増え、血液がドロドロになる病気です。その血液は網膜の毛細血管にも流れてくるため、目にも障害が出てくるのです。

糖尿病網膜症の症状

網膜には多数の血管が網の目のように走っており、その血液によって網膜の活動に不可欠な酸素や栄養が補給されています。しかし糖尿病が続くと、まず毛細血管がおかされ、詰まったり膨らんだりします。

血管の壁が弱くなるので出血してしまったり、血管が詰まることで眼底に酸素が行き渡らない部分ができてきます。
そこで何とか酸素を補給しようと新しい血管(新生血管)ができるのですが、この血管は非常にもろいため、容易に出血をおこします。
これらは自覚症状がないまま徐々に進行してしまうことが多く、放っておけば失明へつながることも少なくない危険な状態と言えるでしょう。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症の検査

糖尿病と診断されたら、まずは眼底検査を受けましょう。

眼底検査

眼底検査とは、目薬をさして開いた瞳孔から網膜の血管のようすを観察する検査です。
これにより、自覚症状がないうちに病気を発見することができます。

糖尿病網膜症の検査

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の有効な予防手段は、血糖のコントロールとレーザー光凝固術です。これは新生血管が出てくるのを予防したり、すでに出てしまった新生血管を焼き、出血を予防する治療です。
硝子体出血や網膜剥離になった状態では、硝子体手術という治療があります。まず新生血管から出た血液を取り除き、出血の原因となる場所を電気で凝固。はがれた網膜を元に戻し、はがれる原因となる場所にレーザーを当て、再出血や網膜剥離の再発を予防します。このような手術を受ける事態にならないためにも、早めのレーザー治療が重要です。

関連する記事

目の病気について一覧

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構