tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

目の病気について

白内障(はくないしょう)

目にはカメラのレンズに相当する水晶体という部分があり、物を見るときはこの水晶体が伸縮することで網膜に像を写しています。正常な目の水晶体は透き通っていますが、白内障になると水晶体が濁ってしまいます。多くはシワや白髪と同じく加齢によるものですが、濁りが進行すると視力が低下し、視界が霞んだりぼやけてしまうのです。

白内障とは

白内障の症状

白内障は通常、痛みや出血は無く、物や景色が霞んで見える、明るい場所だと正常な人より眩しく感じる、暗くなると正常な人よりもより見えにくいなどの症状があらわれます。

白内障の症状

白内障の治療

初期には点眼剤や内服薬で進行阻止を試みます。しかし一度濁った水晶体は元に戻ることはありません。個人差はありますが、症状は加齢とともに徐々に進行していきます。視力が低下して日常生活に支障をきたすようになったら濁った水晶体を取り除く手術を行います。

白内障の手術

最も一般的な白内障手術の方法は「水晶体超音波乳化吸引術」および「眼内レンズ挿入術」です。
手術の方法は、病気の進行具合や目の状態などによって異なります。なお手術は局所麻酔で顕微鏡を使って行われます。手術では麻酔科専門医の立ち会いのもと、痛みに応じた適切な局所麻酔の方法が選択されますので、手術中の痛みはほとんどありません。

白内障の手術

関連する記事

目の病気について一覧

予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

月曜~土曜の8:30~17:30に
お電話下さい。

外来診療受付時間
月~土8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
月~土12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2018年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 眼科医募集のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養管理係
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構