tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

熊本の出田眼科病院は、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜、外眼部疾患など、あらゆる眼病の治療に力を注いでいます

文字サイズ
標準 拡大
背景色
標準 色反転

目の病気について

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離とは、網膜が脈絡膜から剥がれてしまう目の病気です。剥がれる際に網膜に小さな穴があくことがあり、その穴が蚊のように見えているという事もあるのです。網膜剥離は目の病気の中でも急を要する病気です。異常を感じたら眼科専門医を受診してください。

網膜剥離とは

網膜剥離は目の病気の中でも急を要する病気です。症状に応じて、手術を行う事により視野や視力をとりもどすことが可能ですが、よりよい回復には早期発見、早期治療が何よりも大切です。もしも飛蚊症かな?と思ったら、念のため早めに眼底検査を受けるようにしましょう。出田眼科病院では網膜や硝子体の治療に特に力を注いでいます。

目の病気についてご相談はこちら

  • 目の治療でもっとも大切なことは“早期発見・早期治療”です。ご自分で少しでも目に異常を感じたり、ご家族や友人に異常を訴えている人がいたら、すぐに眼科専門医の診療を受けるようにしてください。

関連する記事

目の病気について一覧

外来ご予約専用ダイヤル

tel.096-311-5755
tel.096-352-1506

受付時間
平日8:00〜16:00
休診日曜・祝日
面会時間
平日12:30~20:50
日祝10:30~19:00
  • 呉服町診療所
  • ロービジョン教室の2017年度年間スケジュール
  • 看護部
  • 奨学金制度のご案内
  • 広報誌「すまいる」
  • 栄養部
  • 出田会
  • 日本医療機能評価機構